moleskine絵日記

ちいさなmoleskineに、ざっくりとした絵日記を描いてます

ムーミンとハイジ

f:id:rosapura:20180805112052j:plain

 

ティッシュケース。なぜかムーミン柄。

正確に言えば、ムーミンパパ柄。

くたびれて来たので、新調したい。

頑張って自分で縫おうかと思案中。

作るとしたら、花柄だな。

 

岩合光昭さんの世界ネコ歩き、大好きな番組。

前回はスイスだった!

もうもう、ほとんどハイジの世界!

すべての場面が、絵本のようでした。

(ねこの絵はうまく描けそうにないのでパス)

 

昔ながらの形がいちばん

f:id:rosapura:20180805105251j:plain

 

急須はね。色々使ってみたのですが。

この、ザ・急須がいちばんお茶がおいしく淹れられるとわかりました。

ステンレスの茶こし付きも長く使用してましたが・・・

なんか味がしっかり出ないし、雑味が混じる。

湯飲みも、浅めで薄手の、昔ながらのお客様用が美味しく飲める。

やっぱり、形は大事なんだな。

 

醤油さしは、ガラスのを使ってます。

プレスのガラスで安いやつですけど。

でも、カットの具合でキラキラしててきれい。

蓋もガラスだし、ゴムパッキンとかもないし。

すっきり洗えて衛生的。液ダレもしません。

かっこいい醤油さしも色々あるけれど。

この懐かしい感じのが好き。

 

今日は、ボールペンでスケッチ。

 

揺れるもの、ふたつ。

f:id:rosapura:20180801121959j:plain

 

左、小さな真鍮製の揺り椅子。

リカちゃんも座れません。

指輪か、小さなブローチは置けます。

可愛かったので、衝動買い。ちゃんと揺れます。

っていうか、ちょっと激し過ぎる揺れかも。

 

右、ブロッター。

私、これの名前がいつまでも覚えられなくて。

トロッター・・・だったけ? あれ?となります。

万年筆で書いた時、余分なインクを吸い取るヤツです。

 

普通は木製のが多いんだけれど。

これはブリキかな・・・

持ち手も、つまみ式のしか見た事ないけれど。

なぜかハンドル式。

 

仲良しのアンティークショップの店主に、

「ブロッター見つけたらお願い」と頼んでいたの。

現代の物だと、実用一辺倒でつまらないなぁと。

実はもうちょっと、豪華なのを期待してたのですが。

 

いい感じにさりげなーく大人可愛いと思います。

無骨にも見えつつ、華奢でもある。お気に入り。

これも、揺れますね。

 

真鍮色とか、ブリキ色とか難しいので。

色塗り、はしょりました。

 

インク壜とジャム壜

f:id:rosapura:20180801121828j:plain

 

びんは「瓶」でなく「壜」と書きます。

「瓶」の方が一般的だと思うのですが。

単純に字が「壜」の方が好きなのです。

これは十代の頃から変りません。

 

大好きなパイロットの色彩雫の山葡萄。

万年筆のインクって、なかなか減らないものですね。

この色は大好きだけれど、インクが滲みやすいのが難。

次は耐水性のあるインクにしよう・・・。

 

さて右ページ。ミニのジャム壜です。

中には半分にカットした綿棒を詰めています。

 

ええ。わざわざ綿棒をペンチで真ん中でカットするのです。

なぜかというと、一度に両面を使わないことが多いから。

逆側は今度使おう・・・とかって残しておくのも不衛生だし。

 

普通の人は片面が未使用でも捨てるんだろうか?

それとも無理矢理、両面使うんだろうか?

あ、耳かきなら、片一方を左、片一方を右、で使い切れるね。

 

私の場合、メイクの手直しに使うのが殆ど。

一度に使うのは片面で足りるのです。

 

ええ。ただの貧乏性・・・・

 

夏といえば・・・

f:id:rosapura:20180801103755j:plain

朝顔、大好きです。

小学生の時、種から育てて、大きな鉢をえっちらおっちらと。

学校から持ち帰ったのが懐かしいなぁ・・・(大昔)

 

毎年、朝顔市で二鉢、両親が買って来ます。

朝顔があるだけで、朝の楽しみが出来る。

でもね・・・でもね・・・

あまりの猛暑ゆえか。今年はあまり咲きません。

ひとつも花が開かない日も。

 

大丈夫かなぁ。

もう少し涼しくなったら、また咲くかなぁ。

 

茗荷も夏、ですね。

お素麺に入れるのが好き。

胡瓜やトマトと和えてもおいしい。

 

あと。色合いがめっちゃ好き。

渋くておしゃれな色合いで、見飽きない。

赤みの強い紫のなかにチラホラと淡い緑、って。

細い細い縦縞といい、粋なんです。

 

セピア色のミリペンに、色鉛筆彩色。

この色鉛筆、水彩なので。

本当は水で少しのばすとニュアンスが出るんだけど。

このノートの紙は薄過ぎて濡らせないのです。

ラミーとヘレンド・・・好きな色

f:id:rosapura:20180726101651j:plain

ワイン色というか。ボルドーというか。

バーガンディーというか。アメジストというか。

要は赤みのある紫が好きです。

小豆色も好きだけれど、ちょっとシブミが強いかな。

 

ラミーのアルスターのディープパープルは大好きな色!

私には少々ゴツイし。シンプル過ぎるし。

アルミの質感は苦手だったりしますが。

この色があまりにも好き過ぎて手放せない。

 

ちなみにこれは万年筆ですが。

インクはパイロットの色雫の「山葡萄」を入れています。

軸の色そっくりの程よく明るいボルドー色。

 

右ページ。

これも色が好き過ぎて衝動買いしたマグカップ。

ヘレンドです。マグカップとは思えぬお値段でした。

アボニーのライラック。毎朝これで珈琲を飲みます。

 

ライラック色ってことは、ボルドー系ではないですね。

でも。ほんのり赤みは感じます。私は。

金の縁取りのせいかもしれません。

 

今日はグレーのシグノ極細で描き。

色は三色しばりは解禁して、好きな色で塗りました。

季節限定ハーゲンダッツ対決

f:id:rosapura:20180724153829j:plain

 

スーパーで安売りしているときにハーゲンダッツをまとめ買い。

(たまに、3割引や4割引で売っていることがある)

 

私のお気に入りフレーバーは、マカダミアナッツ

これは高校生の時、同級生に教えてもらって以来、不動の一位。

コクがあって、クリーミーで食感も楽しめて、最高。

(教えてくれたのは、サラサラの長い黒髪の美人さんでした)

 

あとは、限定商品を見つけたら飛びつく。

最近は、この二つ。

ストロベリーホワイトチョコなんて。

私の好きなものが組合わさってるから美味しいに決まってる。

 

でも。なぜか圧倒的に、甘夏が美味しい。

柑橘の爽やかさに、ほんのり苦みもあって。

シャーベットとは違うクリーミーな口溶けと甘さ!

めっちゃ、いい。大好き。

 

慌てて、追加のストック分を買いに行きました。

 

パッケージのフタのイラストをマネてみましたが。

クオリティはかなり低いです・・・

色鉛筆は、今日も赤・青・黄の三色のみ使用。